クレジットカードの現金化する2つの方法に違法性はあるのか?安全に現金化できるのか?

現金化の違法性

ここでは、改めてクレジットカードの現金化がどのようにして行われるのか?について説明をしていきます。例えば「違法性はないのか?」という点で、多くのサイトなどで議論が重ねられています。本記事でも、少し触れつつも、どのような仕組みになっているのか?なども取り上げていきます。意外と知らないことも多いケースもあるため、ぜひ一読して知識を身に付けてください。

クレジットカード現金化
【最新版】クレジットカード現金化のおすすめランキング2019。口コミから現金化

お金に困った時の最後の調達手段としてクレジットカード現金化を知ってますか?調べてみるとランキングサイトばかりで現金化って ...

現金化は大きく2つの方法に分けれられる

現金化には「キャッシュバック方式」と「三店方式」の二つの方法のいずれかで現金化することになります。各々について詳しく説明をしていきます。

キャッシュバック方式での現金化

イメージしやすいのは「ポイント還元」です。100円で1ポイント付与されるようなポイントプログラムの場合、1,000円で10ポイントとなり、10円分相当の景品がキャッシュバックされることになります。キャッシュバック方式の現金化はこの延長上にあるとイメージしてください。

100円1ポイントの場合、1%の還元率ですが、これが80%であったり、90%であったりすれば良いわけですね。単純に、この還元率でポイントではなく現金で還元しますよという話です。購入する商品も適当なダミー商品となっており、ただただ形式的な売買が行われるだけになります。

三店方式での現金化

三店方式に関しては「パチンコ」がまさにそれです。パチンコはあくまでも遊戯であり遊びなので、得た玉やコインを現金化することはできません。この時点でギャンブルになってしまうからです。ということで、景品と交換をするわけです。そして、なぜか分かりませんが、その景品を高額で買い取ってくれるお店が直ぐ側にあるわけです。その景品も持っていても仕方がないため、貰った人は交換した方がお得なので売ってしまうわけですね。つまり、3者でお金や景品を回すことで現金化をしているのです。クレジットカード現金化もこれと同じ考えになります。

どちらの方で現金化した方がよいのか?

結論から言えば、キャッシュバック方式よりも三店方式の方が良いです。理由は単純で、キャッシュバック方式は「景表法」に抵触してしまうケースがあり、実際に逮捕者が出ているからです。また、どうしても実態が見にくいというリスクもあるため、悪徳業者が蔓延しやすい環境でもあります。このようなリスクも考えていくと三店方式の方がよいという判断ができます。

三店方式にリスクはあるのか?

とはいえ、三店方式にリスクは全くないのか?と言われば答えは「ノー」になります。昨今、こちらもインターネット上だけで完結することも多く実態が見えにくくなっていまうs。したがって同様のリスクはあります。また売った商品に対して業者側から「これでは駄目、買い取れない」と言われてしまえば元も子もありません。したがって、このようなリスクを軽減させるためにも、現金化する前に必ず換金率は下がることがあるのか?保証されている換金率か?などをしっかりと確認しておくことが大切になってきます。

三店方式でサービス提供している業者は違法なのか?

矛盾をしてしまいますが…実は三店方式でも逮捕者が出ています。したがって、法的にOKではないと考えられてしまいます。が…実はこれ、第三者が買い取っていたわけではなかったため逮捕されてしまったというケースです。何が言いたいかと言うと、三店方式の場合、現金化業者とは全く関係のない業者に買い取って貰えれば全く問題がないということです。その判断基準に「しっかりと古物商許可を得て営業をしている業者に買い取ってもらうのか?」ということが挙げられます。各地方の公正取引委員会が許可している業者であれば何ら問題ありません。したがって、三店方式で現金化する場合は、どの業者に買い取ってもらうのか?も事前に確認をしておきましょう。

そもそもクレジットカード会社に現金化していることはバレないの?

バレるか?バレないか?と言う質問に関しては「バレている」というのが正直なところでしょう。ただし、あくまでも頻繁に現金化を行い、不自然なクレジットカードの利用履歴がある場合のみです。例えば、新幹線回数券を現金化する場合、一年に一度程度のペースで一冊購入するのであれば、正直なところクレジットカード会社は分かりません。しかし、これが一週間に一回のペースで購入すれば「おかしい」と感じるのは当たり前のことです。

つまり、言ってしまえばバレるか?はケース・バイ・ケースであり、上手に商品を購入していけばバレないということです。それを上手に対応してくれるのが、クレジットカード現金化業者というわけです。クレジットカードの規約に触れないよう決済代行サービスなどを活用して上手に対応をしてくれます。ただし、その分、現金化業者も手間をかけるため手数料が多少高くなってしまう傾向もあります。保険を掛けるという意味でも致し方なしといったところでしょう。ともあれ、安全に現金化をしたいのであれば、業者を活用するのが一つの良い方法であることは間違いありません。

[

現金化マン
現金化マン

クレジットカード現金化
【最新版】クレジットカード現金化のおすすめランキング2019。口コミから現金化

お金に困った時の最後の調達手段としてクレジットカード現金化を知ってますか?調べてみるとランキングサイトばかりで現金化って ...

ひぽたまで読まれてる記事BEST

おうちホームステイ 1

おうちホームステイは山内勇樹が開発した新しい英語勉強法です。2019年12月現在大人気!とにかく英語を聴いて英語に慣れる ...

スマホ留学 2

塩原祥之のスマホ留学!スマホだけで英語を学ぶ。株式会社イングリッシュライフが運営するスマホ留学の塩原祥之が動画でおもしろ ...

プロジェクト2020 3

サチンのプロジェクト2020で英語を学ぶ人が急増中!社会人になってから英語を習得したいとお考えの方は多いようです。外国の ...

Copyright© ひぽたま , 2019 All Rights Reserved.