他人名義のクレジットカードで現金化サービスを利用するとどうなるの?

現金化は他人名義はダメ

クレジットカードを使って現金化をする場合、当然、クレジットカードを用意しないといけません。しかし、中には、その肝心のクレジットカードを持っていないという人も居ることでしょう。そこで、頭を過るのが、他の人のクレジットカードを使って現金化をしてみよう!ということ。本当に問題がないのか?について触れつつも、現金化についてちょっとした小話でもしていきたいと思います。

クレジットカード現金化
【最新版】クレジットカード現金化のおすすめランキング2019。口コミから現金化

お金に困った時の最後の調達手段としてクレジットカード現金化を知ってますか?調べてみるとランキングサイトばかりで現金化って ...

他人名義のクレジットカードで現金化は絶対にダメ!

他の人のクレジットカードを使って現金化をする…説明をすることもありませんよね。絶対にダメです。普通に犯罪になるため、絶対にやってはいけません。そもそもクレジットカードを持っていない時点で、このサービスを利用することは諦めましょう。
となると、次に気になってくるのが「他人と言っても親だったり、配偶者だったりのクレジットカードだったら大丈夫なの?」というところです。他人ではなく家族になるため、大丈夫そうに感じますが…これも絶対にやってはいけません。同様に犯罪になります。いくら家族であっても、自分ではない名義のクレジットカードを使うことはできません。黙って使ってしまった時点で法に触れることになります。であれば、了承を得ていればよいのか?という疑問がでてきますよね。了承を得ているのであれば、ややこしい話になる前に、その本人に現金化をしてもらえば問題ありません。代行して現金化サービスを利用するのNGです。兎にも角にも、クレジットカードの名義の人が、そのクレジットカードを使って支払いをしなければなりません。
もし、それでも現金化をしたい!というのであれば、家族カードを発行してもらって、それを利用すれば問題ありません。もちろん、支払い履歴は親カードの人に確認されることになるため、バレたくない人にとっては、少々ハードルが高くなってしまうことはいなめないですが…。しかし、クレジットカード業者も、この辺りはしっかりと考えてくれているため、換金するときに、残る履歴に違和感がないよう最大限の努力はしてくれるはずです。ただし、あまりにも額が大きな換金だった場合、いずれにしても気になって何かしらの詰問はあるかもしれません。
ともあれ、他人名義のクレジットカードを使った現金化は絶対にやらないようにしましょう。逆に、この現金化サービスは、クレジットカードを盗んだ人が利用するケースもあります。したがって、財布を落とした、クレジットカードを失くしてしまったというときは、このようなサービスが使われていないか?使用履歴をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

利用するクレジットカードのブランドによって換金率が変わる場合もある

ちょっとした小話の1つ目です。クレジットカードには、MasterCardやVISA、JCB、そしてアメックス、ダイナースクラブなど様々なブランドが存在します。実は、このブランドによって換金率が変わるケースもあるとご存知でしたか?
例えば、VISAとMasterCardは85%、JCBは82%、アメックス、ダイナースクラブは79%といった感じです。換金率が変わる理由はいろいろとありますが…大きな理由としては「業者側の面倒さ加減」「決済代行業者の手数料」の2つが挙げられます。クレジットカード現金化業者の多くは、クレジットカード決済代行業者を使って決済を行っています。代行業者は、当然、代行をするわけなので、代行料金を徴収するわけです。その代行料金は、ブランドによって異なるため、その違いが、利用者側の換金率に繋がってくるわけです。
また、面倒さ加減に関しては、クレジットカード会社側に「ばれないような工夫がどれくらい面倒か?」という点に依存します。面倒であればあるほど、やはり手間が掛かるため、換金率で調整をすることになります。
さて、このブランドによって換金率が変わる件、各クレジットカード業者の公式サイトには記載されていることが少ないです。蓋を開けてから打ち明けられることがほとんどです。したがって、換金する前に、必ず「○○のブランドですが、換金率は変わりませんか?」と質問をしておくとよいでしょう。

現金化するときのテクニック「2枚使い」とは?

クレジットカード現金化サービスを利用するときに2枚以上のカードを使って現金化するテクニックがあります。このテクニックはいろいろなメリットがあるため、覚えておくと良いでしょう。
1つ目のメリットは、支払いを分散することができるということです。もちろん毎月の支払日が別という前提条件がありますが。また、締め日が異なると、なおのこと支払いを分散できるメリットがあります。
もう1つのメリットは、ショッピング枠を圧迫しないことが挙げられます。例えば、50万円の換金をしたい場合、25万円ずつに分散をすれば、ショッピング枠は25万円分を各々で使うだけで済みます。意外と重宝するため、業者に「可能か?」を確認してみるとよいでしょう。

現金化マン
現金化マン
他人名義のクレジットカードは原則使えませんね。クレジットカード現金化のおすすめランキング
クレジットカード現金化
【最新版】クレジットカード現金化のおすすめランキング2019。口コミから現金化

お金に困った時の最後の調達手段としてクレジットカード現金化を知ってますか?調べてみるとランキングサイトばかりで現金化って ...

ひぽたまで読まれてる記事BEST

おうちホームステイ 1

おうちホームステイは山内勇樹が開発した新しい英語勉強法です。2019年12月現在大人気!とにかく英語を聴いて英語に慣れる ...

スマホ留学 2

塩原祥之のスマホ留学!スマホだけで英語を学ぶ。株式会社イングリッシュライフが運営するスマホ留学の塩原祥之が動画でおもしろ ...

プロジェクト2020 3

サチンのプロジェクト2020で英語を学ぶ人が急増中!社会人になってから英語を習得したいとお考えの方は多いようです。外国の ...

Copyright© ひぽたま , 2019 All Rights Reserved.